17年間ありがとうございました。

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

当ブログ(前のヤフーブログから)開設から17年間、購読・被害例の提供ありがとうございました。
感謝申し上げます。


このたび、当データベースのデータを削除・データ更新を終了の運びとなりました。

最後は行政処分を求める申告書の書き方の記事のみ残し、被害に遭われた方の救済措置として参考にしていただければ幸いです。

令和5年 勤労感謝の日 11月23日

管理人 古泉米夫

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法として、各都道府県に設置されている「労働局」へ「行政処分を求める申告書」を書いて申告する手段があります。

当ブログの元祖ブログである「悪徳人材紹介会社を「斬る!」(悪徳人材紹介会社データベース)」 にて、「ただやった事が無いので報復やその他手間が掛かったりはしないのでしょうか」とのコメントをいただきました。

報復はまったくないので心配無用です。

当職も過去3回、東京労働局・需給調整事業部・需給調整事業第2課(ここが有料職業紹介事業者(人材紹介会社)に対して許可を与えてます)へ「行政処分を求める申告書」を書いて出しました。
その3回のうちの1社は、東京での許可を取り下げられたのか、東京での事業をやめてしまいました。

当ブログの読者の中にも「申告書の書き方が分からない」とか「申告のやり方が手間がかかりそうだ」と思われている人も多いかと思います。

申告書の書き方については、行政書士に相談すれば楽ですが、お金がかかります。
各都道府県の労働局・需給調整事業部(または、課)に出向いて行けば、書き方の相談に応じてくれます。
しかし、相談に行って書き方を教えてもらってから、書き起こして再度出向く必要もあり、2度手間となってしまうので、当職が過去に出した書式を元に、当ブログの元祖ブログである「悪徳人材紹介会社を「斬る!」(悪徳人材紹介会社データベース)」 に投稿された被害例を当てはめた書き方をここで紹介します。

他に被害に遭われた方も、この書式をもとに、申告書を一度書いてみて、申告してみることをオススメします。
履歴書・職務経歴書を書くよりもずっと楽です。
申告することにより、加害者である人材紹介会社にダメージを与えることも可能となります。
以下、今回投稿された被害例をもとに、書き方の例を示します。


1.申告書の書き方

下記の例を参考にして下さい。
(申告人=被害を受けた自分のこと。被申告人=加害者である人材紹介会社)

====== (例) ======

行政処分を求める申告書

平成20年1月xx日 ←申告する日付
神奈川労働局長 殿 ←申告する労働局(加害者の人材紹介会社の所在地の局)

住所 神奈川県○○市○○区○○町xx-xx ←自分の住所
氏名 ○○ ○○(昭和○○年○○月○○日生) 印 ←自分の氏名と生年月日、印
電話番号 045-000-0000 ←自分の電話番号

下記、有料職業紹介会社につき、職業安定法5条の6および7に違反、平成11年労働省告示第141号指針第5の2に反する行為、ならびに職業安定法31条1項3号に欠格する事由を見出しましたので、貴局において、下記有料職業紹介会社に対し、業務全部の停止、又は許可抹消の行政処分をなされたく、ここに申告いたします。



1.有料職業紹介会社名  ◇ー・◇ー・◇◇ ←ここに加害者である人材紹介会社名を書く。以下同じ
   住所  神奈川県横浜市◇◇区◇◇町x-xx-x ◇◇◇桜木町xF
   代表者氏名 ◇◇ ◇◇
   電話番号 045-xxx-xxxx
   有料職業紹介業許可番号 14-ユ-○○○○○○○

2.該当事由
(1)申告人は、平成20年1月xx日に、上に記した有料職業紹介会社(以下、被申告人と記す)の求人情報に申し込むため、指示に従い電子履歴書を送信した。
(2)申告人は、上記被申告人より、上記日時より3日経過したにもかかわらず、何ら連絡がないため、確認のため被申告人に直接電話した。
(3)上記(2)の電話に対し、被申告人から「届いてないの?といわれ、やっと登録面接の希望日を教えて」というメールを1月xx日に受領した。
(4)上記(3)のメール内容に従い、申告人は「15日から17日の間」という返事をした。しかしながら、被申告人からは、希望日の当日まで全く音沙汰が無かった。
このため、被申告人に対し、2回目のメールを送信したが、これでも返事が無いので、やむなく被申告人会社の方へ電話したら「留守番に接続します」の繰り返しとなった。
(5)その30分後いきなり被申告人から申告人方に電話がかかってきて「先から当社に5.6回催促電話しましたね?困るよ」との事を言われた。20~30代位のその担当者が言うには「自分が会社の社長で、会社の電話は留守時に全て自分の携帯電話につながり、ちょうど会議中で電話が鳴り、迷惑だった」と逆切れされた。また、最後まで連絡が遅れた事に対する謝罪は一切無かった。
(6)このように、被申告人は、申告人に対し、求職の申込を受理せず、職業紹介も行なわず、これをもって、有料職業紹介事業者の責務(平成11年労働省告示第141号指針第5の2「求職者の能力に適合する職業の紹介の推進」)に反する行為を行い、よって申告人に対し、職業紹介の機会を不当に逸失させた。

これまで述べたとおり、被申告人の所為は、職業安定法5条の6(求職の申込みはすべて受理しなければならない)違反、職業安定法5条の7(求職者の能力に適合する職業の紹介)違反、平成11年労働省告示第141号指針第5の2(求職者の能力に適合する職業の紹介の推進)に反する行為を行い、当該行為は職業安定法31条1項(職業紹介事業者が、当該事業を適正に遂行することができる能力を有すること)の欠格に該当すると考えるので、被申告人を、有料職業紹介事業許可の剥奪を含めた厳罰に処することを求め、当文書にて申告いたします。

3.添付書類
(1)疎明書類 上記2.にて申告人が送信した電子メール文面等。

====== (例) ======

2.申告の方法等

東京の場合「東京労働局・需給調整事業部・需給調整事業第2課」、神奈川の場合「神奈川労働局・職業安定部・需給調整事業課」へ出向いて「有料職業紹介事業者から不当な扱いを受けたので、行政処分を求める申告をしたい」旨、係員に申し出ればOkです。
(ちなみに、東京の場合は、申告の際に電話予約などは不要で、当日持って行けばすぐに受け付けてくれます。神奈川の場合、念のため当局に確認下さい)

各都道府県の労働局所在地等は、「○○労働局」でググってみれば、当該労働局のホームページが見つかりますので、その中に「需給調整事業部(または、課)」という組織があるので「有料職業紹介業の許可業務」をやっている課(東京の場合、需給調整事業第2課)を見つけて、所在地と受付時間を確認しておけばいいでしょう。

課員に申告書を渡し、読んでもらうといくつか質問を受けますので、事実をありのままに話せば一通り話を聞いてくれます。

申告書はワープロで作っても全然問題ありませんが、必ず2通用意し、1通は当局提出用、もう1通は「受理・○○労働局・○年○月○日」の印を押してもらって自分の控えとして戻してもらいます。

尚、上記1.の例で示した法令等、わからない場合はその部分だけ空欄で持っていって、相談しながらその場で書き込む、という方法もあります。
可能であれば、無料の法律相談などを活用し、違反法令の条文を探してもらう手もあります。

最後の添付書類ですが「疎明書類」(そめいしょるい、と読みます)として、被害を受けた経緯が分かる証拠書類をつければOkです。相手方とのメールのやり取りのメール文面や、相手方のホームページを印刷して付けるような形がよいでしょう。

全国の求職者の皆様、人材紹介会社で酷い目に遭い「頭に来た、なんとかしたい」といった際には、当局に申し出るのが手っ取り早いです。
人材紹介会社は「有料職業紹介事業」という、国の許可事業です。許可を剥奪されれば、人材紹介が出来なくなりますので、ここを突く訳です。

繰り返しますが、当職はこの「行政処分を求める申告書」を出したことにより、1社、東京での事業を抹消させた経験があります。

泣き寝入りせず、悪徳人材紹介会社に対しては、毅然とした態度で、求職者の言い分を主張しましょう。

求職者各位の健闘を祈ります。

管理人 古泉 米夫

他、行政処分を求める申告書を添付して申告したら門前払いはないと思います。

あとは総務省の行政監察関連の部署か消費者庁に申告する方法も有効です。

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

移転開設のご挨拶

本日(平成20年11月23日(日・勤労感謝の日))、従来、Yahoo!ブログで開設しておりました「悪徳人材紹介会社を「斬る!」(悪徳人材紹介会社データベース)を、FC2ブログに移転・開設いたしました。

平成18年6月18日(日)以降、延べ4万アクセスを超える閲覧をいただき、また「教えて!goo」 に取り上げられたり、当職が知らぬ間にはてなブックマーク にも登録される等、評価を得ておりました。

一方で、コメントポリシーやトラックバックポリシーを無視した、不適切なコメントやトラックバックにも悩まされ、運用面で課題となっておりました。

不適切なコメントやトラックバックを排除するため、Yahoo!ブログから FC2ブログへ移転し、引き続き、当職が5年間に亘り調査した、悪徳人材紹介会社をブログにて公開し、求職者の利益を図ります。

「登録後、紹介がない」「履歴書が勝手に処分された」「態度が横柄」
など、求職者を馬鹿にした実績のある人材紹介会社と、その被害例を一挙公開!
(会社名の数字・記号は、厚生労働省の有料職業紹介業の許可番号)

今後は、FC2ブログへ移転いたしました、悪徳人材紹介会社データベース(「特上・悪徳人材紹介会社を「斬る!」)」を、何卒よろしくお願い申し上げます。

管理人 古泉 米夫

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示