fc2ブログ

令和3年4月1日付職業安定法に基づく指針が一部改正さた件について

同指針は、「「お祝い金」その他これに類する名目で、求職者に社会通念上相当と認められる程度を超え
て金銭などを提供することで求職の申し込みの勧奨を行ってはいけません。」となっている。

「就職お祝い金」などの名目で求職者に金銭等を提供して求職の申し込みの勧奨を行うことを禁止しました

これは、「お祝い金」その他これに類する名目で提供することを禁止していることだけだ。
損害賠償に相当する金銭等を提供をすることは禁止していない。

求職の申し込みの勧奨どころが、求職者からの求職の申し込みに対して、十分に求人情報が提供ができない場合は求職者に対して寧ろ積極的に損害賠償をすべきである。

当データベースに寄せらる被害例を見てみると

求職の申し込みをしたのち、放置された。
履歴書が勝手に利用されて、望まない職種や望まない企業へ面接の強要があった。

これはすべて悪徳人材紹介会社だ。

引き続き、当該悪徳人材紹介会社は糾弾していく。

管理人 古泉 米夫

====================

求職者も「自己責任」で「身を守る」ことも、これからは大事だと考えます。

当ブログでは「悪徳人材紹介会社」撲滅のため、下記の運動を推奨しています。

1.人材紹介会社往訪にあたり、必要な交通費を支給させること。

2.爾後連絡なく放置されないように、履歴書・職歴書を預けた場合には
「預託金・保証金」を人材紹介会社から預かること。
(「連絡なし」となった時点で、預託金・保証金は求職者側で当然没収。
それらのお金で、求職者の精神的苦痛を回避させます。

一方、人材紹介会社は預託金・保証金回収のため、求職者へ誠心誠意対応することとなります。
職が決まれば、求職者側から人材紹介会社へ預託金・保証金を返還します。)
こうした覚書を交わし人材紹介会社が本来すべきことを実行させる担保とします。

厚生労働省・職業安定局や人材協・民紹協は「人材紹介会社に負荷がかかり、できない」
と言いますが、それなら代案の求職者保護策を考えるべきです。

何度も言いますが、求職者の申し込みに反するような態度・応対や、履歴書・職務経歴書受領後の連絡放置など、
求職者を愚弄・卑下するような行為は、職業安定法の趣旨に反するものです。

人材紹介会社は、求人側企業より報酬を得ているので「求人側企業」が「お客様」と認識しているようだが、
本来の「お客様」は「求職者」そのものです。

人材紹介会社には、国の「許可事業」であることを今一度認識し、「職業需給調整機能」を担っていることを、
再度認識され、求職者本位の活動をすることを強く要請する。

求職者をぞんざいにするような人材紹介会社は、引き続き、当ブログで継続公開する一方、
各都道府県所在の労働局・需給調整事業課に対しての行政処分を求めていく所存であることを改めてここに主張する。

職業安定法を見直し、有料職業紹介事業者に対する規制の強化と罰則規定の新設が必要なことも、
続けて訴えて行きたい所存である。

====================

ちなみに、他の業界では…

東京のタクシー(23区内と、武蔵野市、三鷹市)では、泥酔しているなどの理由もなく乗車拒否をしたり、
平日の夜間に銀座4丁目~銀座8丁目の特定地域内で、指定された乗り場以外で旅客を乗せたりすると、
即、タクシーセンターから当該乗務員(運転手)と、事業主に対して相当厳しく改善指導がなされる。

歯科医の場合、診療報酬請求に疑義があると、都道府県単位で配属されている指導医療官により
査察がなされ、厳しい指導が実施される。報道等でも既報通り、指導医量官の厳しい指導に耐え切れず、自殺した医師もいた。

====================

上記に挙げた、他の業界での厳しい指導などと同様に、人材紹介会社も、国の許可事業である以上、
求職者を馬鹿にしたり、連絡を怠ったり、履歴書・職歴書を勝手に処分した等の事実があれば、
求職者保護のため、即時、国家権力で制裁が加えられるべきである。

このことは、当ブログを通じ、永久に訴えていく。

====================

当ブログは、悪徳・悪質な人材紹介会社の撲滅、ならびに労働局が機能しない求職者保護の機能を代替する目的で、
全面的に求職者の立場に立った運営をしております。
不良人材紹介会社の撲滅にご協力願います。

管理人 古泉 米夫

====================

被害報告受付窓口はコチラです。

====================

当ブログのコメントポリシー・トラックバックポリシーについて
(コメント、トラックバックされる方は、当ポリシーを了解したものとします)

====================

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

====================

↓当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!
ランキングバナー

FC2Blog Ranking
↑当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

【警告】心当たりがあれば、当該求職者に謝罪せよ!

【警告】心当たりがあれば、当該求職者に謝罪せよ!

思い当たる節があるのなら、

言い訳や釈明とか抜かしている暇はないはずだ!!!

真っ先に当該求職者に謝罪せよ!

管理人 古泉 米夫

求職者も「自己責任」で「身を守る」ことも、これからは大事だと考えます。

当ブログでは「悪徳人材紹介会社」撲滅のため、下記の運動を推奨しています。

1.人材紹介会社往訪にあたり、必要な交通費を支給させること。

2.爾後連絡なく放置されないように、履歴書・職歴書を預けた場合には
「預託金・保証金」を人材紹介会社から預かること。
(「連絡なし」となった時点で、預託金・保証金は求職者側で当然没収。
それらのお金で、求職者の精神的苦痛を回避させます。

一方、人材紹介会社は預託金・保証金回収のため、求職者へ誠心誠意対応することとなります。
職が決まれば、求職者側から人材紹介会社へ預託金・保証金を返還します。)
こうした覚書を交わし人材紹介会社が本来すべきことを実行させる担保とします。

厚生労働省・職業安定局や人材協・民紹協は「人材紹介会社に負荷がかかり、できない」
と言いますが、それなら代案の求職者保護策を考えるべきです。

何度も言いますが、求職者の申し込みに反するような態度・応対や、履歴書・職務経歴書受領後の連絡放置など、
求職者を愚弄・卑下するような行為は、職業安定法の趣旨に反するものです。

人材紹介会社は、求人側企業より報酬を得ているので「求人側企業」が「お客様」と認識しているようだが、
本来の「お客様」は「求職者」そのものです。

人材紹介会社には、国の「許可事業」であることを今一度認識し、「職業需給調整機能」を担っていることを、
再度認識され、求職者本位の活動をすることを強く要請する。

求職者をぞんざいにするような人材紹介会社は、引き続き、当ブログで継続公開する一方、
各都道府県所在の労働局・需給調整事業課に対しての行政処分を求めていく所存であることを改めてここに主張する。

職業安定法を見直し、有料職業紹介事業者に対する規制の強化と罰則規定の新設が必要なことも、
続けて訴えて行きたい所存である。

====================

ちなみに、他の業界では…

東京のタクシー(23区内と、武蔵野市、三鷹市)では、泥酔しているなどの理由もなく乗車拒否をしたり、
平日の夜間に銀座4丁目~銀座8丁目の特定地域内で、指定された乗り場以外で旅客を乗せたりすると、
即、タクシーセンターから当該乗務員(運転手)と、事業主に対して相当厳しく改善指導がなされる。

歯科医の場合、診療報酬請求に疑義があると、都道府県単位で配属されている指導医療官により
査察がなされ、厳しい指導が実施される。報道等でも既報通り、指導医量官の厳しい指導に耐え切れず、自殺した医師もいた。

====================

上記に挙げた、他の業界での厳しい指導などと同様に、人材紹介会社も、国の許可事業である以上、
求職者を馬鹿にしたり、連絡を怠ったり、履歴書・職歴書を勝手に処分した等の事実があれば、
求職者保護のため、即時、国家権力で制裁が加えられるべきである。

このことは、当ブログを通じ、永久に訴えていく。

====================

当ブログは、悪徳・悪質な人材紹介会社の撲滅、ならびに労働局が機能しない求職者保護の機能を代替する目的で、
全面的に求職者の立場に立った運営をしております。
不良人材紹介会社の撲滅にご協力願います。

管理人 古泉 米夫

====================

被害報告受付窓口はコチラです。

====================

当ブログのコメントポリシー・トラックバックポリシーについて
(コメント、トラックバックされる方は、当ポリシーを了解したものとします)

====================

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

====================

↓当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!
ランキングバナー

FC2Blog Ranking
↑当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

「悪徳人材紹介会社」という言葉がすっかり定着した感で感無量である

当ブログを開設したのが、2008年(平成20年)11月23日。
今年2021年の11月23日で、13年を迎える。
その前はヤフーブログで運営したいたが、嫌がらせのコメントやトラックバックを受け、
FC2ブログ(当ブログ)で運営に至り、今日に至っている。
いま思えば、早々にヤフーブログから乗り換えて正解だった。
ご存知の通り、ヤフーブログは2019年(2019年12月15日)に終了した。

その間、元号も変わった。

「悪徳人材紹介会社」で検索すると、当ブログが筆頭に表示される。

悪徳人材会社

最近、「悪徳人材会社」という言葉を使いコンテンツを作成されたものがあるようだ。
「悪徳人材会社」という言葉を世の中に知らしめたのは、当ブログであることを自負している。

今後もどうぞよろしくおねがいします。

管理人 古泉 米夫


求職者も「自己責任」で「身を守る」ことも、これからは大事だと考えます。

当ブログでは「悪徳人材紹介会社」撲滅のため、下記の運動を推奨しています。

1.人材紹介会社往訪にあたり、必要な交通費を支給させること。

2.爾後連絡なく放置されないように、履歴書・職歴書を預けた場合には
「預託金・保証金」を人材紹介会社から預かること。
(「連絡なし」となった時点で、預託金・保証金は求職者側で当然没収。
それらのお金で、求職者の精神的苦痛を回避させます。

一方、人材紹介会社は預託金・保証金回収のため、求職者へ誠心誠意対応することとなります。
職が決まれば、求職者側から人材紹介会社へ預託金・保証金を返還します。)
こうした覚書を交わし人材紹介会社が本来すべきことを実行させる担保とします。

厚生労働省・職業安定局や人材協・民紹協は「人材紹介会社に負荷がかかり、できない」
と言いますが、それなら代案の求職者保護策を考えるべきです。

何度も言いますが、求職者の申し込みに反するような態度・応対や、履歴書・職務経歴書受領後の連絡放置など、
求職者を愚弄・卑下するような行為は、職業安定法の趣旨に反するものです。

人材紹介会社は、求人側企業より報酬を得ているので「求人側企業」が「お客様」と認識しているようだが、
本来の「お客様」は「求職者」そのものです。

人材紹介会社には、国の「許可事業」であることを今一度認識し、「職業需給調整機能」を担っていることを、
再度認識され、求職者本位の活動をすることを強く要請する。

求職者をぞんざいにするような人材紹介会社は、引き続き、当ブログで継続公開する一方、
各都道府県所在の労働局・需給調整事業課に対しての行政処分を求めていく所存であることを改めてここに主張する。

職業安定法を見直し、有料職業紹介事業者に対する規制の強化と罰則規定の新設が必要なことも、
続けて訴えて行きたい所存である。

====================

ちなみに、他の業界では…

東京のタクシー(23区内と、武蔵野市、三鷹市)では、泥酔しているなどの理由もなく乗車拒否をしたり、
平日の夜間に銀座4丁目~銀座8丁目の特定地域内で、指定された乗り場以外で旅客を乗せたりすると、
即、タクシーセンターから当該乗務員(運転手)と、事業主に対して相当厳しく改善指導がなされる。

歯科医の場合、診療報酬請求に疑義があると、都道府県単位で配属されている指導医療官により
査察がなされ、厳しい指導が実施される。報道等でも既報通り、指導医量官の厳しい指導に耐え切れず、自殺した医師もいた。

====================

上記に挙げた、他の業界での厳しい指導などと同様に、人材紹介会社も、国の許可事業である以上、
求職者を馬鹿にしたり、連絡を怠ったり、履歴書・職歴書を勝手に処分した等の事実があれば、
求職者保護のため、即時、国家権力で制裁が加えられるべきである。

このことは、当ブログを通じ、永久に訴えていく。

====================

当ブログは、悪徳・悪質な人材紹介会社の撲滅、ならびに労働局が機能しない求職者保護の機能を代替する目的で、
全面的に求職者の立場に立った運営をしております。
不良人材紹介会社の撲滅にご協力願います。

管理人 古泉 米夫

====================

被害報告受付窓口はコチラです。

====================

当ブログのコメントポリシー・トラックバックポリシーについて
(コメント、トラックバックされる方は、当ポリシーを了解したものとします)

====================

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

====================

↓当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!
ランキングバナー

FC2Blog Ranking
↑当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!

被害報告はこちらからどうぞ。

この投稿のコメント欄に被害例をお気軽に。

被害報告は、どんな被害があったかも、あわせてご報告お願いいたします。

管理人 古泉 米夫

テンプスタッフフォーラム株式会社(15-ユ-010020) - 悪徳人材紹介会社

Twitterで流れていたものです。

===== ここから =====

ある日
テンプスタッフフォーラムの渡辺憲政(山陰担当)というのから突然、案件紹介が来た。
履歴職歴送ってくれと。

詳細聞かんと判断できんと返信
→指定日時に電話の約束
→指定日時に電話来ない
→後から、電話番号知らなかった
とメールが。
非常識過ぎだ!

渡辺憲政は
「僕にも抗弁させて。転職サイトに番号登録されてなかった」と逆ギレ

ちゃんと登録してあるし、自分方が閲覧不可のサイト仕組み知らんだけだ!

なにより
約束相手の電話番号予め確認してないのが仕事であり得ないだろ。
電話かける時に気付くという愚かさ。

渡部憲政 の上司である嵐(あらし) と
いうのが人材紹介部門の責任者、
最初だけ謝ってあとは部下にカッコ
つけるためか「もう謝ったから」と
態度豹変し、渡部をかくまって渡部と同じに強弁
テンプスタッフフォーラム
三流以下の与太会社と社員一同
度重ねて非常識も開き直り半端ない

===== ここまで =====

「この会社これが2度め。」
ということ。
1度目は、次回投稿だ!

====================

求職者も「自己責任」で「身を守る」ことも、これからは大事だと考えます。

当ブログでは「悪徳人材紹介会社」撲滅のため、下記の運動を推奨しています。

1.人材紹介会社往訪にあたり、必要な交通費を支給させること。

2.爾後連絡なく放置されないように、履歴書・職歴書を預けた場合には
「預託金・保証金」を人材紹介会社から預かること。
(「連絡なし」となった時点で、預託金・保証金は求職者側で当然没収。
それらのお金で、求職者の精神的苦痛を回避させます。

一方、人材紹介会社は預託金・保証金回収のため、求職者へ誠心誠意対応することとなります。
職が決まれば、求職者側から人材紹介会社へ預託金・保証金を返還します。)
こうした覚書を交わし人材紹介会社が本来すべきことを実行させる担保とします。

厚生労働省・職業安定局や人材協・民紹協は「人材紹介会社に負荷がかかり、できない」
と言いますが、それなら代案の求職者保護策を考えるべきです。

何度も言いますが、求職者の申し込みに反するような態度・応対や、履歴書・職務経歴書受領後の連絡放置など、
求職者を愚弄・卑下するような行為は、職業安定法の趣旨に反するものです。

人材紹介会社は、求人側企業より報酬を得ているので「求人側企業」が「お客様」と認識しているようだが、
本来の「お客様」は「求職者」そのものです。

人材紹介会社には、国の「許可事業」であることを今一度認識し、「職業需給調整機能」を担っていることを、
再度認識され、求職者本位の活動をすることを強く要請する。

求職者をぞんざいにするような人材紹介会社は、引き続き、当ブログで継続公開する一方、
各都道府県所在の労働局・需給調整事業課に対しての行政処分を求めていく所存であることを改めてここに主張する。

職業安定法を見直し、有料職業紹介事業者に対する規制の強化と罰則規定の新設が必要なことも、
続けて訴えて行きたい所存である。

====================

ちなみに、他の業界では…

東京のタクシー(23区内と、武蔵野市、三鷹市)では、泥酔しているなどの理由もなく乗車拒否をしたり、
平日の夜間に銀座4丁目~銀座8丁目の特定地域内で、指定された乗り場以外で旅客を乗せたりすると、
即、タクシーセンターから当該乗務員(運転手)と、事業主に対して相当厳しく改善指導がなされる。

歯科医の場合、診療報酬請求に疑義があると、都道府県単位で配属されている指導医療官により
査察がなされ、厳しい指導が実施される。報道等でも既報通り、指導医量官の厳しい指導に耐え切れず、自殺した医師もいた。

====================

上記に挙げた、他の業界での厳しい指導などと同様に、人材紹介会社も、国の許可事業である以上、
求職者を馬鹿にしたり、連絡を怠ったり、履歴書・職歴書を勝手に処分した等の事実があれば、
求職者保護のため、即時、国家権力で制裁が加えられるべきである。

このことは、当ブログを通じ、永久に訴えていく。

====================

当ブログは、悪徳・悪質な人材紹介会社の撲滅、ならびに労働局が機能しない求職者保護の機能を代替する目的で、
全面的に求職者の立場に立った運営をしております。
不良人材紹介会社の撲滅にご協力願います。

管理人 古泉 米夫

====================

被害報告受付窓口はコチラです。

====================

当ブログのコメントポリシー・トラックバックポリシーについて
(コメント、トラックバックされる方は、当ポリシーを了解したものとします)

====================

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

====================

↓当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!
ランキングバナー

FC2Blog Ranking
↑当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!

テーマ : 仕事探し
ジャンル : 就職・お仕事

求職者を見下しているツイート

見下し1

「量で勝負」と「質で勝負」
こんなこと、求職者に告げていない。
勝手に求職者をいいように振り回しているのは言語道断である!

====================

求職者も「自己責任」で「身を守る」ことも、これからは大事だと考えます。

当ブログでは「悪徳人材紹介会社」撲滅のため、下記の運動を推奨しています。

1.人材紹介会社往訪にあたり、必要な交通費を支給させること。

2.爾後連絡なく放置されないように、履歴書・職歴書を預けた場合には「預託金・保証金」を人材紹介会社から預かること。
(「連絡なし」となった時点で、預託金・保証金は求職者側で当然没収。それらのお金で、求職者の精神的苦痛を回避させます。
一方、人材紹介会社は預託金・保証金回収のため、求職者へ誠心誠意対応することとなります。
職が決まれば、求職者側から人材紹介会社へ預託金・保証金を返還します。)
こうした覚書を交わし人材紹介会社が本来すべきことを実行させる担保とします。

厚生労働省・職業安定局や人材協・民紹協は「人材紹介会社に負荷がかかり、できない」と言いますが、それなら代案の求職者保護策を考えるべきです。

何度も言いますが、求職者の申し込みに反するような態度・応対や、履歴書・職務経歴書受領後の連絡放置など、求職者を愚弄・卑下するような行為は、職業安定法の趣旨に反するものです。

人材紹介会社は、求人側企業より報酬を得ているので「求人側企業」が「お客様」と認識しているようだが、本来の「お客様」は「求職者」そのものです。

人材紹介会社には、国の「許可事業」であることを今一度認識し、「職業需給調整機能」を担っていることを、再度認識され、求職者本位の活動をすることを強く要請する。

求職者をぞんざいにするような人材紹介会社は、引き続き、当ブログで継続公開する一方、各都道府県所在の労働局・需給調整事業課に対しての行政処分を求めていく所存であることを改めてここに主張する。

職業安定法を見直し、有料職業紹介事業者に対する規制の強化と罰則規定の新設が必要なことも、続けて訴えて行きたい所存である。

====================

ちなみに、他の業界では…

東京のタクシー(23区内と、武蔵野市、三鷹市)では、泥酔しているなどの理由もなく乗車拒否をしたり、平日の夜間に銀座4丁目~銀座8丁目の特定地域内で、指定された乗り場以外で旅客を乗せたりすると、即、タクシーセンターから当該乗務員(運転手)と、事業主に対して相当厳しく改善指導がなされる。

歯科医の場合、診療報酬請求に疑義があると、都道府県単位で配属されている指導医療官により査察がなされ、厳しい指導が実施される。報道等でも既報通り、指導医量官の厳しい指導に耐え切れず、自殺した医師もいた。

====================

上記に挙げた、他の業界での厳しい指導などと同様に、人材紹介会社も、国の許可事業である以上、求職者を馬鹿にしたり、連絡を怠ったり、履歴書・職歴書を勝手に処分した等の事実があれば、求職者保護のため、即時、国家権力で制裁が加えられるべきである。

このことは、当ブログを通じ、永久に訴えていく。

====================

当ブログは、悪徳・悪質な人材紹介会社の撲滅、ならびに労働局が機能しない求職者保護の機能を代替する目的で、全面的に求職者の立場に立った運営をしております。
不良人材紹介会社の撲滅にご協力願います。

管理人 古泉 米夫

====================

被害報告受付窓口はコチラです。

====================

当ブログのコメントポリシー・トラックバックポリシーについて
(コメント、トラックバックされる方は、当ポリシーを了解したものとします)

====================

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

====================



テーマ : 仕事探し
ジャンル : 就職・お仕事

驕り高ぶる傲慢さ!

Twitterでこういうクソ会社に勤務していた人材紹介会社経験者がツイートしたのを見た。

引用ここから。

みずき
@hapi_api03
·
12月10日
#カスハラ
人材紹介会社(正社員の紹介)の内勤営業職の仕事をしてたときに、
「興味ない仕事ばっかり紹介しやがって!」
「なんで書類選考通らないんだよ!」とかの電話は普通で、
「紹介しないならお前もう死ね!」と1時間罵られ続けた経験あり。
概ね4、50代男性。そういう人に限って転職回数10回とかね

紹介しないんじゃなくて、できないんです。。

引用ここまで。

何たる驕り高ぶる傲慢さなのか?

「紹介しないんじゃなくて、できない」

これは明らかに「職業安定法第五条の七」違反である。

許し難い。
削除されないよう、証拠画像も残した。
gouman

====================

求職者も「自己責任」で「身を守る」ことも、これからは大事だと考えます。

当ブログでは「悪徳人材紹介会社」撲滅のため、下記の運動を推奨しています。

1.人材紹介会社往訪にあたり、必要な交通費を支給させること。

2.爾後連絡なく放置されないように、履歴書・職歴書を預けた場合には「預託金・保証金」を人材紹介会社から預かること。
(「連絡なし」となった時点で、預託金・保証金は求職者側で当然没収。それらのお金で、求職者の精神的苦痛を回避させます。
一方、人材紹介会社は預託金・保証金回収のため、求職者へ誠心誠意対応することとなります。
職が決まれば、求職者側から人材紹介会社へ預託金・保証金を返還します。)
こうした覚書を交わし人材紹介会社が本来すべきことを実行させる担保とします。

厚生労働省・職業安定局や人材協・民紹協は「人材紹介会社に負荷がかかり、できない」と言いますが、それなら代案の求職者保護策を考えるべきです。

何度も言いますが、求職者の申し込みに反するような態度・応対や、履歴書・職務経歴書受領後の連絡放置など、求職者を愚弄・卑下するような行為は、職業安定法の趣旨に反するものです。

人材紹介会社は、求人側企業より報酬を得ているので「求人側企業」が「お客様」と認識しているようだが、本来の「お客様」は「求職者」そのものです。

人材紹介会社には、国の「許可事業」であることを今一度認識し、「職業需給調整機能」を担っていることを、再度認識され、求職者本位の活動をすることを強く要請する。

求職者をぞんざいにするような人材紹介会社は、引き続き、当ブログで継続公開する一方、各都道府県所在の労働局・需給調整事業課に対しての行政処分を求めていく所存であることを改めてここに主張する。

職業安定法を見直し、有料職業紹介事業者に対する規制の強化と罰則規定の新設が必要なことも、続けて訴えて行きたい所存である。

====================

ちなみに、他の業界では…

東京のタクシー(23区内と、武蔵野市、三鷹市)では、泥酔しているなどの理由もなく乗車拒否をしたり、平日の夜間に銀座4丁目~銀座8丁目の特定地域内で、指定された乗り場以外で旅客を乗せたりすると、即、タクシーセンターから当該乗務員(運転手)と、事業主に対して相当厳しく改善指導がなされる。

歯科医の場合、診療報酬請求に疑義があると、都道府県単位で配属されている指導医療官により査察がなされ、厳しい指導が実施される。報道等でも既報通り、指導医量官の厳しい指導に耐え切れず、自殺した医師もいた。

====================

上記に挙げた、他の業界での厳しい指導などと同様に、人材紹介会社も、国の許可事業である以上、求職者を馬鹿にしたり、連絡を怠ったり、履歴書・職歴書を勝手に処分した等の事実があれば、求職者保護のため、即時、国家権力で制裁が加えられるべきである。

このことは、当ブログを通じ、永久に訴えていく。

====================

当ブログは、悪徳・悪質な人材紹介会社の撲滅、ならびに労働局が機能しない求職者保護の機能を代替する目的で、全面的に求職者の立場に立った運営をしております。
不良人材紹介会社の撲滅にご協力願います。

管理人 古泉 米夫

====================

被害報告受付窓口はコチラです。

====================

当ブログのコメントポリシー・トラックバックポリシーについて
(コメント、トラックバックされる方は、当ポリシーを了解したものとします)

====================

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

====================

テーマ : 仕事探し
ジャンル : 就職・お仕事

令和時代も悪徳人材紹介紹介会社をぶった斬る!本日(令和元年-2019年・11月23日(土・祝))11年目突入!一層の悪徳人材紹介会社の糾弾を促進する!

本日11月23日に、当ブログ『悪徳人材紹介会社データベース(特上・悪徳人材紹介会社を「斬る」)』は、

開設11周年を迎えました。

旧ヤフーブログ『悪徳人材紹介会社を「斬る」』からすると、12年以上になります。
これもひとえに、読者の皆様の応援の賜物であります。

11年間継続できたということは、読者の皆様の応援も然ることながら、

11年間も相変わらず求職者を馬鹿にした、テメェの手数料しか考えない人材紹介会社が跋扈しているという証左でもあります。

当ブログでは引き続き、求職者を馬鹿にしたりする人材紹介会社を糾弾するため、継続して被害事例を収集しながら会社名を実名で公開し、求職者の利益を保護していきたい所存であります。

今後とも、当ブログをご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

令和元年(2019年)11月23日 管理人 古泉 米夫

====================

被害報告受付窓口はコチラです。

====================

当ブログのコメントポリシー・トラックバックポリシーについて
(コメント、トラックバックされる方は、当ポリシーを了解したものとします)

====================

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

====================

↓当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!
ランキングバナー

FC2Blog Ranking
↑当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!

====================

テーマ : 仕事探し
ジャンル : 就職・お仕事

株式会社BrightReach (13-ユ-307083) - 悪徳人材紹介会社

新たな被害報告です。

1日何回も、全くフィットしていないメールを送りつけてくる。
止めるようにメールを2回、電話を2回、キャリトレでブロックしても1日に何回も案件を送りつけてくる。
悪徳というよりも対応をしないナチュラルにアホな企業かもしれないが、何が本業かわからなくて怪しいところです。
気をつけてください。

====================

求職者も「自己責任」で「身を守る」ことも、これからは大事だと考えます。

当ブログでは「悪徳人材紹介会社」撲滅のため、下記の運動を推奨しています。

1.人材紹介会社往訪にあたり、必要な交通費を支給させること。

2.爾後連絡なく放置されないように、履歴書・職歴書を預けた場合には「預託金・保証金」を人材紹介会社から預かること。
(「連絡なし」となった時点で、預託金・保証金は求職者側で当然没収。それらのお金で、求職者の精神的苦痛を回避させます。
一方、人材紹介会社は預託金・保証金回収のため、求職者へ誠心誠意対応することとなります。
職が決まれば、求職者側から人材紹介会社へ預託金・保証金を返還します。)
こうした覚書を交わし人材紹介会社が本来すべきことを実行させる担保とします。

厚生労働省・職業安定局や人材協・民紹協は「人材紹介会社に負荷がかかり、できない」と言いますが、それなら代案の求職者保護策を考えるべきです。

何度も言いますが、求職者の申し込みに反するような態度・応対や、履歴書・職務経歴書受領後の連絡放置など、求職者を愚弄・卑下するような行為は、職業安定法の趣旨に反するものです。

人材紹介会社は、求人側企業より報酬を得ているので「求人側企業」が「お客様」と認識しているようだが、本来の「お客様」は「求職者」そのものです。

人材紹介会社には、国の「許可事業」であることを今一度認識し、「職業需給調整機能」を担っていることを、再度認識され、求職者本位の活動をすることを強く要請する。

求職者をぞんざいにするような人材紹介会社は、引き続き、当ブログで継続公開する一方、各都道府県所在の労働局・需給調整事業課に対しての行政処分を求めていく所存であることを改めてここに主張する。

職業安定法を見直し、有料職業紹介事業者に対する規制の強化と罰則規定の新設が必要なことも、続けて訴えて行きたい所存である。

====================

ちなみに、他の業界では…

東京のタクシー(23区内と、武蔵野市、三鷹市)では、泥酔しているなどの理由もなく乗車拒否をしたり、平日の夜間に銀座4丁目~銀座8丁目の特定地域内で、指定された乗り場以外で旅客を乗せたりすると、即、タクシーセンターから当該乗務員(運転手)と、事業主に対して相当厳しく改善指導がなされる。

歯科医の場合、診療報酬請求に疑義があると、都道府県単位で配属されている指導医療官により査察がなされ、厳しい指導が実施される。報道等でも既報通り、指導医量官の厳しい指導に耐え切れず、自殺した医師もいた。

====================

上記に挙げた、他の業界での厳しい指導などと同様に、人材紹介会社も、国の許可事業である以上、求職者を馬鹿にしたり、連絡を怠ったり、履歴書・職歴書を勝手に処分した等の事実があれば、求職者保護のため、即時、国家権力で制裁が加えられるべきである。

このことは、当ブログを通じ、永久に訴えていく。

====================

当ブログは、悪徳・悪質な人材紹介会社の撲滅、ならびに労働局が機能しない求職者保護の機能を代替する目的で、全面的に求職者の立場に立った運営をしております。
不良人材紹介会社の撲滅にご協力願います。

管理人 古泉 米夫

====================

被害報告受付窓口はコチラです。

====================

当ブログのコメントポリシー・トラックバックポリシーについて
(コメント、トラックバックされる方は、当ポリシーを了解したものとします)

====================

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

====================

↓当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!
ランキングバナー

FC2Blog Ranking
↑当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!

テーマ : 仕事探し
ジャンル : 就職・お仕事

松下光昭

仕事に出会えない系悪質非礼な登録屋、取次屋ども

年齢不問の嘘

新たな被害事例です。

「松下光昭」という、転職エージェントがいます。
(短期間で所属する職業紹介会社を転々としているため、所属する会社名は不定です)

彼は、常時膨大な量の案件(求人票)を持っていますが、その全ての案件が実際には存在しない架空の求人であり、求職者だけでなく所属する職業紹介会社にも虚偽の報告を続け、行く先々で人を不幸にしている人間です。
http://career.nikkei.co.jp/bnk_consul_info/636/809/10002540/
http://bcnet.nextcareer.co.jp/nextcareer/post_preview_A.php?post_id=34246

以前に労働局に報告をしたところ、労働局側にも「松下光昭」という転職エージェントに対する苦情が度々届いているらしく、労働局も名前は知っていました。
ただ、労働局も会社単位で許可を与えているので、従業員単位での取締りには苦慮しているようでした。

ネットを調べたところ、このエージェントの被害報告が出ていないみたいでしたので、これ以上被害者が生まれないようにこのサイトに報告します。

なお、もし同姓同名の転職エージェントがいるとご迷惑をかけることになるので、当該人の生年月日も併せて記載します。
「松下光昭」「昭和32年7月26日生」

====================


「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術!


29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法


「幸せをつかむ」転職術 ~この1冊さえあれば転職活動は成功する、実績抜群の転職マニュアル~ ※特典終了まで残りわずか


====================

求職者も「自己責任」で「身を守る」ことも、これからは大事だと考えます。

当ブログでは「悪徳人材紹介会社」撲滅のため、下記の運動を推奨しています。

1.人材紹介会社往訪にあたり、必要な交通費を支給させること。

2.爾後連絡なく放置されないように、履歴書・職歴書を預けた場合には「預託金・保証金」を人材紹介会社から預かること。
(「連絡なし」となった時点で、預託金・保証金は求職者側で当然没収。それらのお金で、求職者の精神的苦痛を回避させます。
一方、人材紹介会社は預託金・保証金回収のため、求職者へ誠心誠意対応することとなります。
職が決まれば、求職者側から人材紹介会社へ預託金・保証金を返還します。)
こうした覚書を交わし人材紹介会社が本来すべきことを実行させる担保とします。

厚生労働省・職業安定局や人材協・民紹協は「人材紹介会社に負荷がかかり、できない」と言いますが、それなら代案の求職者保護策を考えるべきです。

何度も言いますが、求職者の申し込みに反するような態度・応対や、履歴書・職務経歴書受領後の連絡放置など、求職者を愚弄・卑下するような行為は、職業安定法の趣旨に反するものです。

人材紹介会社は、求人側企業より報酬を得ているので「求人側企業」が「お客様」と認識しているようだが、本来の「お客様」は「求職者」そのものです。

人材紹介会社には、国の「許可事業」であることを今一度認識し、「職業需給調整機能」を担っていることを、再度認識され、求職者本位の活動をすることを強く要請する。

求職者をぞんざいにするような人材紹介会社は、引き続き、当ブログで継続公開する一方、各都道府県所在の労働局・需給調整事業課に対しての行政処分を求めていく所存であることを改めてここに主張する。

職業安定法を見直し、有料職業紹介事業者に対する規制の強化と罰則規定の新設が必要なことも、続けて訴えて行きたい所存である。

====================

ちなみに、他の業界では…

東京のタクシー(23区内と、武蔵野市、三鷹市)では、泥酔しているなどの理由もなく乗車拒否をしたり、平日の夜間に銀座4丁目~銀座8丁目の特定地域内で、指定された乗り場以外で旅客を乗せたりすると、即、タクシーセンターから当該乗務員(運転手)と、事業主に対して相当厳しく改善指導がなされる。

歯科医の場合、診療報酬請求に疑義があると、都道府県単位で配属されている指導医療官により査察がなされ、厳しい指導が実施される。報道等でも既報通り、指導医量官の厳しい指導に耐え切れず、自殺した医師もいた。

====================

上記に挙げた、他の業界での厳しい指導などと同様に、人材紹介会社も、国の許可事業である以上、求職者を馬鹿にしたり、連絡を怠ったり、履歴書・職歴書を勝手に処分した等の事実があれば、求職者保護のため、即時、国家権力で制裁が加えられるべきである。

このことは、当ブログを通じ、永久に訴えていく。

====================

当ブログは、悪徳・悪質な人材紹介会社の撲滅、ならびに労働局が機能しない求職者保護の機能を代替する目的で、全面的に求職者の立場に立った運営をしております。
不良人材紹介会社の撲滅にご協力願います。

管理人 古泉 米夫

====================

被害報告受付窓口はコチラです。

====================

当ブログのコメントポリシー・トラックバックポリシーについて
(コメント、トラックバックされる方は、当ポリシーを了解したものとします)

====================

人材紹介会社で酷い目に遭った場合の対処法-悪徳人材紹介会社摘発用「行政処分を求める申告書」の書き方例

====================


転職ライフ完全ガイド ダウンロード版(No:a001)

====================

↓当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!
ランキングバナー

FC2Blog Ranking
↑当ブログを幅広く告知するため、クリックして是非応援をお願いいたします!

====================

テーマ : 仕事探し
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

古泉 米夫

Author:古泉 米夫
悪徳人材紹介会社情報満載!

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
↓データベース登録済悪徳人材紹介会社検索↓
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示